今からリスタート

葬儀費用をねん出する方法

葬儀をすることになれば、当然葬儀費用がかかるものと思います。最近ではこの葬儀費用を気にして葬儀自体のランクを上げたり下げたりすることもされています。

 

火葬だけとかになるのも全ては費用を気にしてのことなのです。それでも葬儀だけはきちんとお金をかけてしたい人も中に入ると思います。そこで葬儀費用をねん出するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まず葬儀料金が今いくら用意できるのかということを先に目算しておきましょう。急に費用が必要になるということになってしまえば、すぐに用意できないことは間違いないでしょう。だからこそ、いつ葬儀をしてもいいように費用は蓄えておく必要があります。でも葬儀費用のように一財産が必要な物を用意しておくのはとても難しいかもしれません。

 

そこで、葬儀費用をまずは参席者からどの程度回収できるかを考えておきます。その上で、いくらくらい必要でどの範囲で葬儀の程度が可能なのかを葬儀プランを見ながら考えます。あとは、普段の貯蓄や生活費、他の保険等の支払いとの兼ね合いから毎月どの程度を預金に充てるのかなど、葬儀の重要度と比較しながら集めましょう。

ソードアート・オンラインが面白い!

最近、私がハマっているものと言えば、何と言ってもソードアート・オンラインという小説とアニメです。
ソードアート・オンラインは、2014年にテレビアニメの2期が放送されるということもあり、
現在1期の再放送をしているところです。

 

私は、元々このソードアート・オンラインシリーズの原作小説を持っており、
ずっとその動向には注目していましたが、
ここにきてまた世間とともに盛り上がっていこうという気分になっています。
 ソードアート・オンラインの何がそんなにおもしろいのかというと、
それは主人公のキリトとそのパートナーであるアスナが、男性視点から見ても女性視点から見ても、
魅力的であるということが大きいと私は思っています。

私は男性ですので、どちらかと言えばやはり女性キャラクターのアスナに魅力を感じてしまうわけですが、
もちろん驚異的な剣技で敵を次々と倒すソードマンのキリトも大好きです。
 この作品は、いかにも現代向けのテーマであるオンラインゲームをテーマとしていますが、
その根底にはしっかりとした人間ドラマも垣間見えるので、
たとえオンラインゲームにあまり興味がない人でも、
ストーリーに引きこまれていくのではないかと私は思っています。
 原作小説を持っているので2期アニメの内容は大まかに知っているのですが、
今度は沢城みゆきさん演じる朝田詩乃という魅力的なキャラクターも登場しますので、
そういったところに注目して作品を見守っていきたいと私は思っています。


クリスマスローズ展に行ってきました!

神代植物公園の展示室で開催されている「クリスマスローズ」展へ行ってきました。
クリスマスローズって名前の通り、クリスマス時期に咲く種類があるのですが、
多くのものは2月くらいから咲き出すんですよね。
展示にはハイブリット(交配)じゃない原種のクリスマスローズもたくさん展示されていて、
一度にこれほど多くのクリスマスローズの種類を見れる機会はなかなかないかと思いました。
楽しかったです〜!!
特に好きなクリスマスローズは、緑色の花びらで、中が白のもの!
花の色が葉っぱと同じ色って面白いですよね。しかし、初めてで知ったのですが、
なんと花びらに見える部分は実は大きな「ガク」なんだそうです!!不思議ですね〜。
ずいぶん大きなガクなんですね。
この展覧会場には、クリスマスローズに詳しい係りの人が数名いらっしゃるので、
いろんなことを教えてもらえました。

 

また、手ごろなお値段での販売コーナーもありました。
クリスマスローズって最初から育てる場合、花が咲くまで3年くらいかかるんですよね。
でも一度花が咲けば、だいたい翌年以降も開花するそうです。
なので開花確認できている鉢植えを1つ買ってきました。
色は好みの緑の花びら(ガク)に中が白っぽいやつ。
私は植物を育てるのがホントにへたくそで、何でも枯れてしまう(笑)
このクリスマスローズは枯れないで育って欲しいです。お花が家にあるって、なんだかいい気分ですね。
香りはしないけど、部屋の空気が華やいでいる感じ。うれしいな〜。


Vラインは綺麗でいたい!

 

肌を見せる部分が日に日に増えてきて、流行もヘソダシやら肩だしも当たり前となってきています。

 

女性が強くなってきて、色んなお洒落が楽しめるという面でも素敵なことですが、その分、綺麗にしておかないといけない場所が増えて来ましたよね。

 

例えば、足や手などのムダ毛です。
あまり露出が流行ってなかったころは夏以外は気にしなくても良かったのに、今は冬でも気にしてお手入れしていないといけません。

 

例に漏れず、Vラインも今の女性は綺麗にしている人が殆どです。

 

Vライン脱毛をしている人は年々増えていて、Vラインだって夏冬関係無に綺麗にしているのが当たり前となっています。
最近ではサロンを使う人も増えているとか。

 

 

私はもう結構な年齢だったので、あまり気にしていませんが、自分の子が高校生位になってやりたいというのではないかと今からソワソワしたりして、旦那に気が早いといわれる始末です(笑)

 

でも、それくらい美意識にたいして日々変わってきているのですから、高校生で全身脱毛も当たり前になってそうですよね。